前へ
次へ

手の持つ体温で温まり化粧水の浸透も高まる

手で付ける洗顔後の化粧水は良い方法であり、温かい方が肌への浸透率の良い化粧水は、手のひらの体温で浸透率を高めることになります。
直接顔の肌に触れることから、手のひらは化粧水塗布の前に綺麗に洗っておくことも必要です。
顔には凹凸があるのでコットンを使用するより、自分の手のひらで付けたほうが、水分も行き渡りやすくなります。
鼻筋におでこや額に顎のラインなど、細かいパーツまで様々な角度から、しっかりとお手入れして水分補給が可能です。
柔らかく触れた心地も良いコットンですが、顕微鏡で拡大をしてみるとコットンでの化粧品塗布は、とても細かい傷をつけているのがわかります。
柔らかさが自慢のコットンであっても、皮膚とは同じではありません。
手のひらを使うことで化粧水を肌につけた際にも、皮膚を傷つけることが無いです。
直接自分の皮膚に触れるので、肌の些細な変化にも気が付きやすくなります。
日頃手で顔に触れることはあまりないですが、スキンケアはごわつきやたるみなど、変化に気が付くチャンスです。

Page Top